Top > 無くしても安心な筆箱を2つ用意する中学受験

無くしても安心な筆箱を2つ用意する中学受験

消しゴムやちゃんと削った鉛筆を中学受験で持って行く事が重要で、消しゴムは出来れば2個持って行く事がポイントです。1個転がってしまって無くなっても、あと1個あれば探さずに済みます。

鉛筆が折れてしまっても、簡単な鉛筆削りがあればすぐに削って使う事が可能です。中学受験の日には、子供もとても緊張していてパニックになっている事があります。そんな時に、机の上に置いてある鉛筆が転がってしまう事がよくあります。転がらないように、鉛筆を5本ほど輪ゴムなどで束ねてから筆箱を支えにして置く事がポイントです。

もっと慎重な人は、筆箱を2つ持って行かせる親もいるほどです。英語や柄が入っていない鉛筆や消しゴムを持たせると、より中学受験を安心して受けさせる事が出来ます。

受験会場に行く前に鉛筆の芯が折れないように、鉛筆にキャップを被せてから持って行くとより安心です。いつもシャーペンを使っていて慣れている人は、シャーペンも持参すると安心です。サッと筆記用具が取り出せる、しっかりとした筆箱を持って行く事が肝心です。
さらに詳しく中学受験の準備を調べるには中学受験メリットBOOK10を参考にしてください。

関連エントリー